カサカサ痒い肌には何を使えばいい?


肌のかさつきやカユミは皮膚の細胞間脂質が不完全なためにおこるものです。長湯や洗いすぎはうるおいの成分を作っている細胞間脂質が溶け出してしまいます。お湯の温度は38〜40℃位で短時間(通常入浴時間)がおすすめです。木酢風呂は湯冷めしにくく体を充分温めます。体を洗う際は、木酢洗顔ソープや木酢リキッドソープの泡で包むように優しくソフトに洗って下さい。入浴後は奪われた水分をローションやジェルで速やかに肌に補ってあげます。こうすることで、肌の細胞と細胞の間に水分が補われうるおいがでます。その後、与えた水分をダブルモイスチャージェルや木酢クリームでしっかり閉じ込めて下さい。


春におすすめの使用方法は?


季節の変わり目の変化に対応しきれない肌は過敏症になります。肌はひとつひとつの細胞の集まりでできています。正常な肌は一定のリズムで生まれ変わっていますが、このリズムが乱れてしまい、肌荒れやかぶれなどの肌トラブルが起きやすくなります。
ほこり、粉塵、花粉が飛び交うので吹き出物などが出来やすくなります。特に洗顔、体の洗浄が大切です。
肌表面の汚れはもちろん、毛穴の中のメイクの残り成分やいわゆるアカまできちんと取り除くとともに、必要な皮脂まで取り除かない(角質層をそぎ落としすぎない)で潤いを残してくれる低刺激の木酢洗顔ソープや木酢リキッドソープで、ていねいに洗いましょう。洗った後のケアは、うるおい肌水やローションジェルで水分を補い、保湿します。洗浄後は時間をおかずに、たっぷりめに使用することにより汚れのない肌に速やかに浸透します。また、ローションジェルはプラセンタ、ヒアルロン酸、コラーゲン、天然ハーブエキス等が贅沢に配合されていますので、肌トラブルの原因となる物質に乾燥やシミ・シワにも働きかけ健やかなお肌へと導きます。
その後、更に保湿したい場合は、与えた水分をダブルモイスチャージェルや木酢クリームでしっかり閉じ込めて下さい。


夏におすすめの使用方法は?


夏は紫外線が強く、汗をかいたり、冷房による温度差など肌には大きな負担がかかる季節です。外出やアウトドアの機会が増え、汗をかきやすい時期です。かいた汗はそのままにしておくと汗の成分が肌に残り、肌がアルカリ性に傾くことにより、細菌や雑菌への抵抗力がなくなりトラブルをおこしやすくなりますので、汗をかいたらこまめにふき取ります。乳幼児の場合は、こまめに衣類を着替えてあげると良いですね。
汗をかいた後、シャワーなどを浴びられたらそのようにします。幼児などは行水の際に木酢入浴液を入れても良いでしょう。後は、木酢肌水、木酢うるおい肌水、ローションジェルで水分をしっかり補い、肌を弱酸性に保ちます。木酢スキンケア製品は抗菌・消炎作用に優れたEGCgエピガロカテキンや、茶エキス、天然ハーブ等もプラスされているので、ちょっとしたアセモや虫さされも落ち着きます。
その後、更に保湿したい場合や、エアコンなどで乾燥が気になる場合は、ダブルモイスチャージェルや木酢クリームでしっかり閉じ込めて下さい。
また、日焼けは肌へのダメージの原因となりますので、大人は勿論ですが、お子様であっても注意が必要です。

外出後の汗、お子様の汗には、木酢入浴液を少量入れた水でしぼった「おしぼり」を、冷蔵庫で保存しておくのも便利です。汗ばんだ顔もスッキリ!小さいお子様の場合は着替えとともにどうぞ。
作り方:洗面器1杯の水に紀州備長木酢液を1〜2滴おとします。おしぼりを入れ、強めにしぼり、形を整えてビニール袋などに入れ冷凍庫に入れます。(凍らせないようにしましょう。)


秋におすすめの使用方法は?


スキンケアのポイントは、夏にダメージを受けた肌を早く機能アップしてあげることと、乾燥対策です。
お肌のシミ、シワ、たるみ、日焼けのあとなどが気になる方は木酢洗顔ソープがおすすめです。洗顔後や入浴後は、乾燥を防ぐためたっぷりローションジェルをつけましょう。パッティングやすりこみは避けて下さい。角質層の保湿性が高まって肌のバリア機能も高まります。その結果、体外からの刺激が体の内部に伝わりにくくなり、お肌のトラブルが少なくなってきます。 ジェルは薄めに肌になじませて下さい。その後、更に保湿したい場合は、与えた水分をダブルモイスチャージェルや木酢クリームでしっかり閉じ込めて下さい。


冬におすすめの使用方法は?


空気が乾燥する季節、暖房により空気はカラカラ、寒風にさらされて肌はカサカサになります。寒くなると血行が悪くなり、冷えや手荒れ、しもやけをおこしやすくなります。乾燥した肌には水分・油分をしっかり補いましょう。
よごれは落ちても、つっぱるだけの洗顔料ではお肌がかわいそうです。また、つっぱってカサカサの状態はお肌の老化を早めます。
木酢液の力で肌をいたわり、優しく洗い上げる木酢洗顔ソープや木酢リキッドソープをよく泡立て、包み込むように優しく洗い、すすぎは十分に行います。(すすぎ不足は肌荒れやくすみの原因にもなります。)
洗顔、入浴後の肌が求めているのは水分です。できるだけ早く水分を補いましょう。うるおい肌水やローションジェルでたっぷり水分補給します。その後、与えた水分をダブルモイスチャージェルや木酢クリームでしっかり閉じ込めて下さい。

外出先での暖房による乾燥や、乾燥によるかゆみは、放っておくと、くすみ、シワまでも引き起こしてしまいます。また、かゆみはかくことでさらに状態は悪くなるばかりです。
外出先では「木酢肌水」や「木酢うるおい肌水」のスプレー式容器が役立ちます。乾いたお肌にシュッとひと吹き!髪の毛の広がりにもおすすめです。 木酢液の働きで、かゆみを伴う症状も和らげてくれます。

手荒れや、足のカサカサには、木酢クリームでしっかりと保湿しましょう。保湿後は、綿の手袋や靴下で保護すると更に効果的です。乾燥して痛んだ肌は、痒みの原因になります。さらにカサカサ範囲を広げないよう、いい状態を保つことが大切です。