アトピーのようなお肌が弱い子供でも使えますか?


安心してお使い頂けますが、まずはお試しセットでお肌に合うかご確認下さい。
特にお肌の弱いお子様やアトピーの方には、「木酢うるおい肌水」や「木酢ローションジェル」がおすすめです。
お肌の弱い方や乳幼児にもお使いいただけるスキンケア用品です。ご愛用されているお客様の多くが、肌トラブルに悩む方々で、アトピーや水イボ、湿疹、頭皮湿疹等のトラブルが改善されたご報告を沢山頂いております。ただ、肌質によりシリーズの中からお使い分けをしていただけるとより効果的です。
お肌に優しいスキンケア製品ですが、薬ではありませんので、まれにお肌に合わない方もいらっしゃいます。心配な方は、まず「お試しセット」で、お肌へのパッチテストをおすすめします。


使っているもの(他メーカーの化粧品、薬)との併用もできますか? また、その場合、使用する順番はありますか?


大丈夫です。「木酢スキンケアシリーズ」には薬剤となるような成分は一切配合されておらず、天然由来のものが主成分です。
薬を併用することによって作用が増強されたり、相殺されるおそれは全くありません。他メーカーの化粧品との併用は、国産品であれば相互協定が結ばれており、どのように組み合わせても大丈夫なように作られておりますので、ご心配には及びません。また、使用する順番ですが、薬との併用ではスキンケアが先です。薬は最後にご使用下さい。他メーカーの化粧品との併用は、お持ちになられている種類・効能により順番が違ってまいります。 目安として肌水・うるおい肌水・ローションジェルなど油分の入っていないものを先にお使い下さい。クリームなど油分が含まれているものは後です。



子供でも使えますか?


年齢を問わずお使いいただけます。肌質、年齢により制限はありませんが、特にトラブルのないお子様は、木酢入浴液、木酢石けんor木酢リキッドソープ以外は必要ありません。
乾燥が気になる時は、うるおい肌水をプラスする程度で、健康的なお肌へと導きます。
木酢独特の匂いがあり、特にお子様や男性の中には苦手な方もいるようです。「数日で慣れた」「嫌いじゃない」「むしろいい匂い」「癒される」…と、香りに関するご感想は様々です。心配な方は先にお試しセットで、製品の香りをご確認下さい。(製品により木酢の香り方が違います)


妊娠中でも使えますか?


ご利用いただけます。妊娠中は特に敏感肌になりやすいので、安心安全な木酢スキンケアはおすすめです。
また、木酢入浴液を入れて入浴すると体の芯まで温まり、新陳代謝も高まります。
木酢液の香りは心身にリラックス作用のありますので、おすすめしています。


木酢の匂いは残りますか?


木酢液配合ですので独特のいぶした匂いが少しの間ありますが、この匂いは消えてしまい、肌に残ることはありません。
なお、木酢液の匂いは心身をリラックスさせる働きがあります。
お子様や男性の中には、木酢の香りが苦手な方もいるようです。「数日で慣れた」「嫌いじゃない」「むしろいい匂い」「癒される」…と、香りに関するご感想は様々です。心配な方は先にお試しセットで、製品の香りをご確認下さい。(製品により木酢の香り方が違います)


好転反応?使ったら肌が赤くなった…


好転反応とは状態が良くなるための前段階で、一時的に悪化したような現象になることと言われております。お客様のレビューには、「好転反応の後良くなった」といったような書き込みも多々ございますが、科学的に証明されているものではありません。また、好転反応は全員の方に起こる症状ではありませんので、判断が難しいところです。
木酢スキンケアシリーズの製品はお肌を治療するような薬ではありません。いわゆる”悪化”を好転反応と判断してしまっては肌にダメージを与えますので、お肌に異常がみられる時は、すぐに使用を中止して医療機関にご相談下さい。
充分に配慮して製品化しておりますが、まずお試しセットで、お肌に合うかご確認下さい。


どのくらい続ければ完治するの ?


薬ではありませんので、病気を治す効果効能はありません。
お客様から寄せられるご感想では、お肌の状態改善や、殺菌・保湿により痒みが減ったというお声を多く頂いております。 1度で効果を感じる方もいますし、数週間で実感する方もいます。また、数ヶ月経って効果が表れる方、まれに思ったほどの効果がない方や、お肌に合わない方もいますので、結果は様々です。
乾燥や肌荒れによる痒みには、比較的早く効果を実感して頂けますが、アトピーや水イボ、頭皮の脂漏性湿疹等のは長期間のご使用をおすすめしております。
木酢の殺菌・静菌作用や、有機物の作用、その他天然ハーブやEGCgエピガロカテキン等の作用により、お肌を健康的な状態へと導きます。表面的な治療ではなく、お肌の調子を整えた結果、健やかなすべすべ肌へと変わっていきますので、長い期間お使い頂くのが理想的です。


肌がかさついています。お風呂はどうすれば…?
また、入念に体を洗った方がいいですか?


肌のかさつきやカユミは皮膚の細胞間脂質が不完全なためにおこるものです。長湯や洗いすぎはうるおいの成分を作っている細胞間脂質が溶け出してしまいます。お湯の温度は38〜40℃位で短時間(通常入浴時間)がおすすめです。木酢風呂は湯冷めしにくく体を充分温めます。体を洗う際は、木酢洗顔ソープや木酢リキッドソープの泡で包むように優しくソフトに洗って下さい。入浴後は奪われた水分をローションやジェルで速やかに肌に補ってあげます。こうすることで、肌の細胞と細胞の間に水分が補われうるおいがでます。その後、与えた水分をダブルモイスチャージェルや木酢クリームでしっかり閉じ込めて下さい。


掻きすぎてジクジク部分、どういう使い方をすればいい?


まず、ジュクジュクの肌を治すアドバイスは法に反しますのでできません。何もつけず、医療機関にご相談下さい。
掻いて傷んだお肌には、ぬる目(38度位)のお風呂に、木酢入浴液を少量入れ、木酢洗顔石鹸または、木酢リキッドソープを少量を泡立ててやさしく洗います。入浴後はローションやジェル、木酢クリーム等、お肌に合ったものをお使い下さい。
かきこわした傷口のある箇所などには、ローションやジェルがしみる場合がございます。まわりに薄く塗ってお使い下さい。(お体への悪影響はございませんのでご安心下さい。)ジェルやクリームは多めに塗りますと、ほこりや雑菌がつきやすくなるためかえって逆効果になります。
特にアトピーの方などは、患部は必ず清潔にしてから、少量をこまめに、肌にスーッとなじませるようにお使い下さい。かきこわしてジュクジュクの場合は何もつけず、医療機関にご相談なさることをおすすめ致します。


老人性の乾燥にも使えますか ?


天然の保湿成分で作られた安心成分ですので、お肌の弱い年配の方々にも安心してお使い頂けます。日々のお手入れの際に年齢からくる皮脂分泌低下や水分不足を補う上で効果的となります。